Back

ⓘ 水産学



                                               

水産学

水産学 (すいさんがく、英語:fisheries science)とは、魚介類を中心とする水生生物について、増殖、漁獲、加工、流通まで水産業全体を研究する学問体系である。日本においては、水産業の中心を海洋が占めているために海洋学と混同される場合もあるが、産業への応用を目指す視点や漁獲および加工技術を含むことから異なる学問体系を取っている。 食糧生産を目標とする学問として農学の知識を応用する場合も多く見られるが、一次生産が漁獲という狩猟的な手段を中心としているため、資源管理という特有の体系を有する。また、畜産と比較して生産物が画一になりにくいため、加工および流通にも特有の面が見られる。

                                               

博士(水産学)

博士(水産学) (はくし すいさんがく)は、博士の学位であり、水産学(海洋、商船など)に関する専攻分野を修めることによって、日本で授与されるものである。 1991年以前の日本では、 水産学博士 (すいさんがくはくし)という博士の学位が授与されており、水産学博士は、現在の「博士(水産学)」とほぼ同じものである。水産学博士は、1956年に学位規則で定められた17種類の博士のうちの1つである。

                                               

北海道大学大学院水産科学研究院・大学院水産科学院・水産学部

北海道大学大学院水産科学研究院 (ほっかいどうだいがくだいがくいんすいさんかがくけんきゅういん、英称:Faculty of Fisheries Sciences)及び 北海道大学大学院水産科学院 (ほっかいどうだいがくだいがくいんすいさんかがくいん、英称:Graduate School of Fisheries Sciences)は、北海道大学大学院に設置される研究科以外の組織の一つである。また、 北海道大学水産学部 (ほっかいどうだいがくすいさんがくぶ、英称:School of Fisheries Sciences)は、北海道大学に設置される学部の一つである。

                                               

水産学部

水産学部 (すいさんがくぶ Faculty of Fisheries)とは、魚介類を中心とする水棲生物について、増殖、漁獲、加工、流通まで水産業全体を研究する学問体系を学ぶ学部である。

                                               

函館高等水産学校

函館高等水産学校 (はこだてこうとうすいさんがっこう) は、北海道帝国大学附属水産専門部を前身として、1935年 (昭和10年) に設立された官立の旧制専門学校 (実業専門学校)。略称は 「 函館高水 」。 札幌農学校水産学科 を起源とし、現在の北海道大学水産学部に当たる教育機関である。札幌農学校の一学科として誕生した北海道大学水産学部の沿革の中で、当校が設置されていた時代は北海道帝国大学とは別の教育機関として独立していた変革期にあたる。本項では、北海道帝国大学から分離独立する前の諸機関及び北海道大学復帰後の歴史を含めて記述する。

                                               

水産・環境科学総合研究科

水産学研究科 (すいさんがくけんきゅうか、英称: The Graduate School of Fisheries )は、日本の大学院の研究科のうち、水産学の高度な教育研究を行う機構の1つである。

                                               

日本水産学会

公益社団法人 日本水産学会 (こうえきしゃだんほうじん にほんすいさんがっかい)は、水産学に関する学理及びその応用研究についての発表・連絡や知識の交換、情報の提供等の事業をし、水産学研究の進歩・普及を目指し、学術の発展と科学技術の振興に寄与するとともに、人類福祉の向上に寄与することが目的の、日本の単独学会である。

                                               

水産学者

山本祥吉 安田富士郎 山本忠

                                               

水産学校

水産学校 (すいさんがっこう)とは、水産について教授する学校。 日本にかつてあった水産学校は以下の通り。

                                               

水産大学校

水産大学校 (すいさんだいがっこう、英語: National Fisheries University)は、山口県下関市永田本町二丁目7番1号(吉見地区)に本部を置く日本の省庁大学校である。1963年(昭和38年)に設置された。大学校の略称は水大校又は水大。 国立研究開発法人水産研究・教育機構法に基づき、水産庁が所管する国立研究開発法人水産研究・教育機構が設置・運営する教育訓練施設である。水産に関する研究や教育を通じて、水産業を担う人材の育成を目的とする。大学の学部に相当する専門学科(修業年限4年)、上級の専攻科(修業年限1年)、大学院修士課程に相当する研究科(修業年限2年)で構成される。

                                               

釜山高等水産学校

釜山高等水産学校 (ふざんこうとうすいさんがっこう) は、1941年 (昭和16年)、日本統治時代の朝鮮釜山府に設立された旧制専門学校。

                                               

水畜産学部

生物生産学部 (せいぶつせいさんがくぶ、英文表記:Faculty of Applied Biological Science)は、大学の学部の一つ。水産業、畜産業及び食品工業における学理とその応用に関する研究と教育を行う。現在この名前の学部を持つのは広島大学だけであり、広島大学の生物生産学部の前身は水畜産学部であった。水産学部と畜産学部の両方の領域をまたぐ学部として教育・研究を行っている。

                                               

沿岸帯

沿岸帯 (えんがんたい、英語: littoral zone )は、海、湖、または河川のうち、汀線に近い部分のことである。 沿岸域 とも言う。沿岸環境において、沿岸帯はほとんど浸水しない満潮線から、常に水没している汀線部分まで広がっている。沿岸帯には常にこの潮間帯(intertidal zone)が含まれており、これらの用語はほとんど同じ意味でよく使用される。しかし、 沿岸帯 の意味は潮間帯をはるかに超えて広がる。 この用語には単一の定義はない。沿岸帯の全範囲を何とみなすか、また、沿岸帯を小地域に分割する方法は、文脈によって異なる(湖沼や河川には独自の定義がある)。また、この用語の使用法は世界のある地域から別の地域で、また、異 ...

                                               

海洋生態系

海洋生態系 (かいようせいたいけい)は、地球上で最大の水生生態系であって、塩沼、海岸、河口 、ラグーン、マングローブ、サンゴ礁、深海、底質などの海洋環境と生息する生物をいう。 塩分濃度の低い淡水生態系と対比される。海水面は地球表面の三分の二を覆っている。 一般に海洋生態系は、光合成を行い水中の栄養塩を吸収する植物プランクトンや海藻等の一次生産者を基礎として、一次生産者(死んだ有機物も含む)を直接間接的に捕食する生物、さらに生物間の食物連鎖で構成されている。また、水温や日照、潮流、海底地形、栄養塩濃度、酸素濃度等の海洋環境の影響を受けて、水域毎に海洋生態系を構成する(海洋環境に適応した)生物が異 ...

                                               

環流

環流 (かんりゅう、英: gyre )は、広域にわたって環のようにめぐり流れること、もしくはその流れ。具体的には海流や大気の大きな循環系を指す。環流はコリオリの力によって引き起こされる。

                                               

技術士水産部門

技術士 水産部門 (ぎじゅつし すいさんぶもん)は、技術士国家資格のうちの1つ。文部科学省管轄。

                                               

魚肉

魚肉 (ぎょにく)は、魚類の可食部分で食肉とされるもの。狭義には、胴体の骨の周りの肉、すなわち身(赤身・白身)を指す。広義には、魚の可食部全てを指す。従い、内臓や尾ヒレに至るまで、魚肉に含まれる。本項では後者について記述する。 上記の魚の身部分と、鶏肉や獣肉を併せた意味もあるが、この記事の対象範囲ではない。

                                               

個体群動態論

個体群動態論 は、生物の個体群の大きさ(個体数や生物量、密度)の時間的・空間的変動の様子を研究する分野。 個体群動態学 とも呼ばれる。個体群生態学における一分科であり、なおかつ個体群生態学の主要部分でもある。 個体群動態論の最も簡単な数理モデルの一つに指数関数的増加モデルがある。指数関数的増加モデルを用いることで、既に存在する個体群に対し、任意の与えられた個体群に関する変動率を求めることが可能となる。

                                               

水圏生態系

水圏生態系 (すいけんせいたいけい)とは、水域にある生態系のことで、 水界生態系 とも呼ばれる。水圏生態系の中では、生物の群集がお互いに、また環境にも依存して生活している。水圏生態系には大きく分けて「海洋生態系」と「淡水生態系」がある。

                                               

水産・環境科学総合研究科

                                               

水産大学

水産大学校 (すいさんだいがっこう)は、水産学部のみを設置する大学の呼称のひとつ。 水産大 (すいさんだい)と略されることもある。 水産学を主に扱っており、全学科に漁業調査兼漁業練習船による乗船実習があり、学科により商船大学のような航海実習や機関実習も行っている。 日本において「水産大学」を名乗る大学は、過去に存在したものも含めて1つだけである。

                                               

生物資源科学

生物資源科学 (せいぶつしげんかがく) 生物資源学 (せいぶつしげんがく) 生物資源科学 生物資源科学部 生物資源科学研究科  日本大学生物資源科学部・大学院生物資源科学研究科及び獣医学研究科など 生物資源科学科/海洋生物資源科学科 生物資源学 生物資源学研究科 福井県立大学など 生物資源学部 生物資源学科 生物資源学類 筑波大学など

                                               

ターゲット・ストレングス

ターゲット・ストレングス または 音響サイズ はソナーの探知目標の面積の尺度である。 通常はデシベルで定量される。鮭などの魚の場合は魚種によって異なり、体長5センチメートルの魚の場合は約-50デシベルである。 ターゲット・ストレングスは log 10 σ bs に等しい。ここで、 σ bs は微分後方散乱断面積であり、後方散乱断面積は 4π σ bs である。

                                               

チリメンモンスター

チリメンモンスター は、ちりめんじゃこやシラスに混じった、カタクチイワシ(または、イワシ類)以外の生物の総称。略称は「チリモン」。命名は、きしわだ自然資料館、きしわだ自然友の会。学術用語ではない。

                                               

水産土木

水産土木 (すいさんどぼく) 技術士水産部門や技術士総合技術監理部門の選択科目「水産土木」 水産学#水産工学の一分野 建設コンサルタント登録の際の一部門、10.水産土木

                                               

漂泳区分帯

漂泳区分帯 は外洋において海面から海底を1つの水柱と考え、深さによりその区域が分割された概念または深い外洋そのものを表す。この区域は水深や太陽光の到達度合いによって分割されている。 漂泳帯 や 漂泳界 、 漂泳区 などとも呼ばれる。英語での"pelagic" は古代ギリシア語で外洋を表す πέλαγος に由来する。水柱の深いところほど高圧低温で、光がない状態となる。

                                               

広島大学大学院統合生命科学研究科

広島大学大学院統合生命科学研究科 (ひろしまだいがくだいがくいんとうごうせいめいかがくけんきゅうか)は広島大学大学院に設置されている大学院の研究科で農学・理学・生命科学・生物工学・医科学という従来的な学問分野において、生物学や生命科学などの幅広いスペクトルを教育効果や現代社会のニーズの観点を考慮して分類し、理論および応用を教育・研究する。

                                               

レジームシフト

レジームシフト とは、気温や風などの気候要素が数十年間隔で急激に変化すること。気候ジャンプとも言う。気候に限らず、例えば水産資源の分布・生息数の変化といった、自然現象全般、生態系に関しても用いる概念である。

                                               

広島大学生物生産学部

                                               

水畜産学部

                                               

生産科学研究科

生産科学研究科 (せいさんかがくけんきゅうか)は、生産技術科学分野の研究・教育を目指した日本の大学院研究科。 長崎大学大学院に設置されている。2008年4月1日現在の研究科長は9代目で水産学部の中田英昭。

Free and no ads
no need to download or install

Pino - logical board game which is based on tactics and strategy. In general this is a remix of chess, checkers and corners. The game develops imagination, concentration, teaches how to solve tasks, plan their own actions and of course to think logically. It does not matter how much pieces you have, the main thing is how they are placement!

online intellectual game →