Back

ⓘ 工学



                                               

工学

工学 (こうがく、 engineering )とは、 エネルギーや自然の利用を通じて便宜を得る技術一般。 数学と自然科学を基礎とし、ときには人文科学・社会科学の知見を用いて、公共の安全、健康、福祉のために有用な事物や快適な環境を構築することを目的とする学問。ブリコラージュを含む、現実に問題を解決する方法の体系 工学が対象とする領域は広く、様々な分野に細分化されている。

                                               

工学者

工学者 (こうがくしゃ)は、工学に携わる者。この記事、及びウィキペディア日本語版では、「技術者」の記事および語の用法がもっぱら実務者を指しているのに対し、もっぱら研究者を指して使っている。

                                               

化学工学

化学工学 (かがくこうがく、英: chemical engineering )とは、化学工業において必要とされる様々な装置や操作についての研究を行う工学の一分野である。

                                               

電気工学

電気工学 (でんきこうがく、英: electrical engineering )は、電気や磁気、光(電磁波)の研究や応用を取り扱う工学分野である。電気磁気現象が広汎な応用範囲を持つ根源的な現象であるため、通信工学、電子工学をはじめ、派生した技術でそれぞれまた学問分野を形成している。電気の特徴として「エネルギーの輸送手段」としても「情報の伝達媒体」としても大変有用であることが挙げられる。この観点から、前者を「強電」、後者を「弱電」と二分される。

                                               

理工学部

理工学部 (りこうがくぶ)は、大学の学部のひとつ。理学と工学の両方の立場から、自然科学に関する研究および教育を実践する組織である。理学・工学の各分野に加えて、関連する学際系の学科を併設している場合が多い。機械工学、電気・電子工学、金属工学、土木工学、建築工学、経営工学、電気通信学、応用物理学、応用化学、数学、物理学、化学、天文学、工業経営学などの諸科がある。

                                               

土木工学

土木工学 (どぼくこうがく、英語: civil engineering )とは、自然災害等の社会課題の解決および環境の創造・維持発展を目的として、社会基盤を整備する工学である。主な対象として、鉄道、道路、橋梁、トンネル、港湾、空港、海岸、河川、ダム、廃棄物処理、水道(上水道、工業用水道、下水道)、砂防、土木景観などがある。また、土木工学部分の発電施設、通信施設、環境保全、造成、交通、国土計画なども含まれ、対象は多岐にわたる。これらを取り巻く人工物は総称して「土木構造物」と呼ばれる。一般的に土木構造物は、公共事業として建設され、長期間に渡って社会・経済活動を支えている。

                                               

機械工学

機械工学 (きかいこうがく、英語: mechanical engineering )とは、機械あるいは機械要素の設計、製作などから、機械の使用方法、運用などまでの全ての事項を対象とする工学の一分野である。 具体的には、熱力学、機械力学、流体力学、材料力学の四力学を基礎とした機械の設計、製作のための技術を学ぶ他、より広義には、機構学、制御工学、経営工学、材料工学金属学、そして近年のコンピュータ化に対応したハードウェア及びソフトウェア技術全般を研究対象としている。

                                               

農業工学

農業工学 (のうぎょうこうがく、英語: agricultural engineering )とは、農学の一分野で、農業に関する課題について、土木工学や機械工学を応用して研究する学問。

                                               

医用生体工学

医用生体工学 (いようせいたいこうがく)、または、 生体医工学 (せいたいいこうがく、英語:biomedical engineering)は、医学と工学の領域を融合した学問分野である。医用生体工学と同義、または、これに含まれる学問の名称として、 医用電子工学 、 医療工学 などがある。医用生体工学を 医用工学 と 生体工学 に大別する分類方法もあるが、同義として扱われることも多い。

                                               

金属工学

金属工学 (きんぞくこうがく)、 冶金学 (やきんがく、英語:metallurgy)とは、材料工学の一分野であるが量的には人工物の大部分を担う分野であり、金属の物理的・化学的な性質についての評価や新しい金属の研究開発を行う学問である。本来は鉱石から有用な金属を採取・精製・加工して、種々の目的に応じた実用可能な金属材料・合金を製造する、いわゆる冶金を範囲とする学問であり、冶金学の名もこれにちなんだものである。

                                               

都市工学

都市工学 (としこうがく、英語:municipal engineering、urban engineering)とは、人間が安全・快適に過ごすことの出来る都市を構築するための技術を扱う工学である。

                                               

工学研究科

工学研究科 (こうがくけんきゅうか、英称: The Graduate School of Engineering )は、 日本の大学院研究科のうち、工学に関する高度な教育・研究を行う機構の1つである。

                                               

M2052制振合金

M2052 とはマンガン73、銅20、ニッケル5、鉄2(原子重量%)からなり、高い制振性能を持つマンガン合金である。振動負荷を受け、合金内に双晶活動(発生・消失・移動)が起こることで振動エネルギーが熱エネルギーに変換され、制振性を発揮する。また軟鋼並みの引張破壊強度を持ち、塑性加工から機械加工を始め鋳造などほとんどの成型加工が可能、弾性限度内において振幅が大きいほど制振性能は高い値を示すという特徴がある。

                                               

開発学

「開発学」 (かいはつがく、英語: development studies 、フランス語: lÉtuide de Développement )あるいは「国際開発学」はイギリスで発祥した学問分野であり、イギリスを中心に各国の大学院には多くの研究科、専攻やコースが存在する。日本では名古屋大学大学院国際開発研究科が嚆矢である。国外・国内の経済、社会、環境等にかかわる多様で複雑な開発課題を解決するため、経済学、政治学、法学、社会学、教育学、文化人類学、医学・保健学、工学、理学、農学等の学問体系を学際的に駆使して研究する学問である。古典的には途上国の貧困や開発援助にかんする学問とされてきた。しかし、近年、「人間の安全保障」や「持続可能な開発目標」 ...

                                               

稼働遺産

稼働遺産 (かどういさん)は、文化遺産(主として産業遺産)の中で現在も使われている状態にあるものを指す。

                                               

換気効率

換気効率 (かんきこうりつ)とは、換気の質を表すための尺度である。換気効率にはその考え方、換気の質をどのように判断するかによって大きく2つの指標が用いられる。1つは空間内の汚染質の除去が効率良く行われているかを示す 汚染質除去効率 、もう1つは空間内の空気がどれだけ速やかに交換されているかを示す 空気交換効率 である。 汚染質の発生位置、量などの詳細情報が既知であれば汚染質除去効率が適用され、汚染質発生源の情報が少ないもしくは無い場合には空気交換効率が用いられる。

                                               

キネティクス

キネティクス (Kinetics)とは一般に、日本語では 速度論 (そくどろん)と訳され、時間による変化に関する研究分野のことをいうが、次のような異なる意味で用いられる。 毒物学では、毒物の生体内における消長、動態に関する研究分野として、トキシコキネティックスToxicokinetics, 毒物動力学などがある。 力学では、物体の運動を扱う分野。Dynamics(動力学)ともいう。 医学・薬学などでは、物質の生体内における消長、動態に関する研究分野。薬理学の一分野であるファーマコキネティクス(Pharmacokinetics、薬物動力学あるいは薬物動態学)などがある(Pharmacodynamics[薬力学]とは違う)。 化学では、化学反応を時間変化に重点を ...

                                               

較正

較正 (こうせい、calibration)は、測定器の読み(出力)と、入力または測定の対象となる値との関係を比較する作業である。 較正 が本来の表記だが、「較」(コウ)は常用漢字の音訓表にない読みのため、 校正 (こうせい)または こう正 と表記することもある。「かくせい」とは読まない。 例えば、ある機器に流れる電流について、「ある測定器で測ったら1Aだったのに別な測定器では5Aになる」というならば、それらの測定は用をなさない。較正は、それぞれの測定器の読みのずれを把握し、共通の測定の基盤を作る行為である。 上の例では、安定的に既知のアンペア数の電流を流すことができるような機器(標準器)を測定することで、個々の測 ...

                                               

工程能力指数

工程能力指数 ( 英語: process capability index )とは、品質管理の分野において、ある工程の持つ工程能力を定量的に評価する指標の一つである。工程能力は工程が管理状態で、かつ、安定した状態で予測可能な場合のみ評価できる。Joseph M. Juranによって提案され、多くの改良が加えられていった。 類似の概念に工程性能( 英語: process performance )、工程性能指数( 英語: process performance index )というのがあり、これは工程が安定状態にない場合に用いられる。 英語: process capability ratio という場合は、工程能力指数の逆数として定義される場合がある。

                                               

砂漣

砂漣 (されん)または リップル (英語: Ripple )とは、その波長や波高が河床材料の粒径のスケールに規定される、小規模河床形態(河床波)のひとつである。 河床材料の粒径を用いた粒子レイノルズ数が約20以下の場合に、河床に形成される。 平均波長は粒径の約600-1000倍、波高は粒径の数十〜数百倍である。 砂漣上の砂の運動は滑動および転動が主体であり、河床波は緩やかに下流側へと進行する。

                                               

試験

試験 (しけん)とは何らかの能力や性質を測定するために行う行為のこと。

                                               

地震工学

地震工学 (じしんこうがく)は、地震による被害を防御し軽減するための科学技術を総合した学問のこと。英語では「Earthquake engineering」と言うが、これは「耐震」という意味もあるため、現在は「耐震工学(Seismic engineering)」をも含めた意味で使用される

                                               

衝撃波管

衝撃波管 (しょうげきはかん、ショックチューブ、英: shock tube)は、管内に発生する衝撃波を利用して、主として気相中の燃焼反応を研究するための実験装置である。衝撃波管およびショックトンネルなどの類似装置は、他の実験装置ではデータを得ることが困難であるような、広範な温度・圧力範囲に渡る流体力学研究にも使用することができる。

                                               

消耗部品

消耗部品 (しょうもうぶひん)とは、一定期間使用の後、摩耗、劣化、疲労などの理由で機能を果たせなくなり交換される部品である。このため、 定期交換部品 とも言われている。

                                               

スピントロニクス

スピントロニクス (英: spintronics )とは、固体中の電子が持つ電荷とスピンの両方を工学的に利用、応用する分野のこと。 スピンとエレクトロニクス(電子工学)から生まれた造語である。 マグネットエレクトロニクス (英: magnetoelectronics )とも呼ばれるが、スピントロニクスの呼称の方が一般的である。 これまでのエレクトロニクスではほとんどの場合電荷の自由度のみが利用されてきたが、この分野においてはそれだけでなくスピンの自由度も利用しこれまでのエレクトロニクスでは実現できなかった機能や性能を持つデバイスが実現されている。この分野における代表的な例としては1988年に発見された巨大磁気抵抗効果があり、現在ハー ...

                                               

生産技術

生産技術 (せいさんぎじゅつ、英: production technology, 英: industrial technology )とは、工業製品など具体的に「もの」を作っていく際に、設計する工程と、それに従い実際に「もの」を作り出す工程をつなぎ、いかにして品質高く、作りやすく、効率的に生産するか、という方法を工程として設計する技術を指す。

                                               

生体機能代行装置学

生体機能代行装置学 とは、医学と工学のそれぞれの進歩が結びついた結果生まれた治療用ME機器の中で、とくに臨床工学技士と関係の深い体外循環装置(人工心肺装置)、呼吸療法装置(人工呼吸器)、人工腎臓装置などについて扱う学問分野である。

                                               

セルロース

セルロース とは、分子式 n で表される炭水化物(多糖類)である。植物細胞の細胞壁および植物繊維の主成分で、天然の植物質の1/3を占め、地球上で最も多く存在する炭水化物である。 繊維素 とも呼ばれる。自然状態においてはヘミセルロースやリグニンと結合して存在するが、綿はそのほとんどがセルロースである。 セルロースは多数のβ-グルコース分子がグリコシド結合により直鎖状に重合した天然に存在する高分子で、いわゆるベータグルカンの1種である。構成単位であるグルコースとは異なる性質を示す。

                                               

素子 (工学)

素子 とは要求する機能を発揮する物体を抽象的に表す言葉である。 ある物体の一部分が目標とする機能を実現する要素であれば、その要素を実現する一部分を指して用いる事も出来る。

                                               

超伝導電磁石

超伝導電磁石 (ちょうでんどうでんじしゃく、superconducting magnet、SC magnet)とは、超伝導体を用いた電磁石のことである。超伝導体は電気抵抗がなく発熱の問題もないので、通常の電磁石よりも強力な磁力を発生させることができる。核磁気共鳴分光法(NMR)、核磁気共鳴画像法 ですでに実用化されており、もっとも超伝導現象を一般的に用いているものである。今後は磁気浮上式鉄道での実用が期待されている。 超伝導磁石 と書かれることもあり、工学分野では超 電 導電磁石(超 電 導磁石)とも書かれる。

                                               

天秤 (流体力学)

天秤 (てんびん、balance /wind-tunnel balance)は流れの中の物体が流体から受ける力を測定する装置である。 風洞実験 で模型に働く力の測定によく使われる。いくつの力の成分を測定するかにより、 3分力天秤 、 6分力天秤 といった区別がある。また物体を支持する方式には、吊り下げ方式、ストラット方式、スティング方式がある。

                                               

パイロットプラント

パイロットプラント とは、主として化学、機械、電気などの工業、あるいは農業などにおいて実用的なプラント設計に先立ち、必要な設計データ収集のために試験的に組み立てる、ほぼ実用プラントと同様の機能を持った試験室的段階と実用の段階との中間の位置づけとなるプラント。文字通り、水先案内人 となる予備プラントである。研究者と実用機械、設備、装置などの設計、保守、運転者などの各分野の専門家らと経済、公害、行政法までもよく知る総合判断の出来るプロジェクトチームリーダーとで構成する、職制とは一線を画すプロジェクトチーム制となることが多い。 実用機械・設備・装置などは、質量・面積・体積・電流値などが巨大化(スケ ...

                                               

ピストン運動

ピストン運動 (ピストンうんどう)は、シリンダー内部をピストンが往復運動すること。多くは回転運動に変換して利用する。

                                               

プロセス (工学)

工学における プロセス (英語:process)は、チームで恊働してプロジェクトを全体として遂行することを考慮する製造過程である。

                                               

プロセスデザイン

プロセスデザイン (process design)とは、ある計画をスタートさせるとき、その計画の「進め方」を事前に決めておこうとするプロジェクトマネジメントの手法。

Free and no ads
no need to download or install

Pino - logical board game which is based on tactics and strategy. In general this is a remix of chess, checkers and corners. The game develops imagination, concentration, teaches how to solve tasks, plan their own actions and of course to think logically. It does not matter how much pieces you have, the main thing is how they are placement!

online intellectual game →